イベントのお知らせ

9月19日(月・祝日)、北千住にてジャパンカービングスクール主催によるドリームフェスタ2016が開催されます。

盛りだくさんな内容で、楽しいイベントになると思います。
私はデモンストレーションに出演させていただく予定です。

お時間のあるかたはぜひおいでください。



2016-08-29 : お知らせ :

ボトルアレンジメント

20160818b01.jpg



レッスンのお手本が色あせてきたので、作り直すことにしました。

今まで何度か変更しているカリキュラムですが、教室を開いた1999年以来、ずっと変えていないものもあります。

コース2の5回目で学ぶドーク・バーンチューンのブーケもそのひとつ。バンコクのボイスホビークラブで習ったカリキュラムを取り入れたものです。

ペーパーで包んでリボンを結ぶ、という王道のブーケスタイルですが、これが結構大変。

先に花にワイヤをさしてしまうと、束ねたり、リボンを結ぶのが難しいので、ワイヤだけでブーケを作り、最後に花をさすよう指導していますが、今回自ら作ってみるとなかなか思うような形にならず、ペーパーを3枚無駄にしました。

最後に花をさすときに、ブーケをびんに挿して立てて行うと楽だと発見したところで、びんに挿すだけでもかわいいんじゃない?と気づき、リボンとペーパーを取り除いてびんに挿すだけにしたところ、シンプルで良い感じ。

急遽カリキュラム変更になりました。


思えば、昔は手頃な価格のかわいいびんなど売っていなかったのだ。
100均は偉大だ。



2016-08-18 : ソープ・カービング :

20160729b01.jpg




額装作品に使用した(株)マスターさんの石けんは、
10カラーズシリーズのブルー、ペールグリーン
CVシリーズのシャーベットオレンジ、アボカド、わさび、パールイエロー
FSシリーズのシャーベットブルー、ブリリアントピンク、たんぽぽ色
2カラーソープのミルキーピンク


ブリリアントピンクとシャーベットブルーの組み合わせは必ず取り入れたくて、どちらも期間限定商品でしたが、大切にとっておいたものです。思った通りアンティークな雰囲気になりとても気に入ってます。


ロゴを囲んだ透かし彫りの飾りは、当初カシスで作ろうと考えていましたが、実際に彫ってみると色が強すぎました。
シャーベットオーレの淡い色がしっくりするけれど大きさが足りない・・・・。

迷っていると偶然、石けんの取次をしてくださっている榮田先生から、引越しで荷物を片付けていたら生産終了の石けんがいくつかでてきたのでいりませんか?との連絡をいただきました。送っていただくとペールグリーンやシャーベットオレンジが入っていたのです。

固くて彫れなかったら返金しますとおっしゃっていただきましたが、どの石けんも無事に彫れましたよ。
文字通り、渡りに船です。


なに気に、葉は新作です。
1枚ずつ小さい葉を彫って重ねていたものを、3枚ひと組にして彫りました。厚みがでたおかげでワイヤをさせるようになり、額からはがれ落ちる心配がなくなりました。

花には必ず葉をそえるので緑色にヴァリエーションがあると嬉しいのですが、わさびは生産終了になってしまいましたね。
在庫が2個になってしまって心細い・・・・。


下の、ミルキーピンクとシャーベットオレンジの組み合わせも、優しくて好きです。




20160729b02.jpg




2016-07-29 : ソープ・カービング :

額完成

20160713b01.jpg


(株)マスターさんのロゴの額装が出来上がりました。
石けんの色が豊富で、色合わせを考えるのがとても楽しかったです。

生徒さんに「マスターさんから注文を受けているのですか?」と質問されました。
ご注文いただいていません。勝手に作ってます。

日頃の感謝の気持ちはもちろんですが、ソープカービングの題材としてとても良いロゴだと思うのですww。


20160713b02.jpg



予想より甘やかな作品になりました。
コーナーを飾った花にまつわる話と、使用した石けんの話は次回に。



2016-07-13 : ソープ・カービング :

20160707b01.jpg


上のほうにころがっている白いものは短く切ったストロー。
その下は、そのストローで抜いた石けんに細いワイヤーを刺したもの。
透かし彫りのパーツの「脚」になります。


20160707b02.jpg



写真ではうまく影を出せなくて、わかりづらいかと思いますが、透かし彫りのパーツは小さな3つの脚で支えられ、浮いています。
光が当たると影ができてとても綺麗です。

小さい脚は接着面が小さくて、壁にかけたとき落ちてしまうかもしれません。
気休めかもしれないけれど、ワイヤーで補強しています。


20160707b03.jpg



なにか特別な道具があって、透かし彫りや小さなパーツでも簡単にできると思っているかたもいるようですが、アナログです(笑)。
手書きで型紙を作り、竹串などで石けんに写して、ナイフでこつこつと切り出します。

切り出しているときに折れることもあれば、額に設置している最中にこわれることもあるので、必要な数より多く作っておきます。

石けんを切るより、型紙を作るほうが苦手で、いつも雑な型紙に・・・・。
小さな穴があいているのがわかるでしょうか?脚をつける位置です。


次回は完成作をご覧にいれます。


2016-07-07 : ソープ・カービング :
ホーム  次のページ »

プロフィール

Author:モリタミホ
フルーツ&ソープ・カービング教室ブルーを開いています。

教室HP

検索フォーム

QRコード

QR