ダリアのボックスアレンジメント

20170710fb01.jpg



デザインコースのなほみさんの作品です。

アレンジメントを作りたいとのご希望でしたので、筒状の花びらのダリアの写真を渡して「このお花を彫ってみませんか?」と命令提案しました。

色とりどりの石けんで彫ってくださり、華やかなアレンジメントができあがりました。

緑色の石けんがあまり販売されていない時で、葉を作れるかしらと心配していたら、なほみさんがご自宅から持ってきてくれたのですが、「それ何年前に発売された色だっけ?」という懐かしいラインナップ。

「○○シリーズの緑だね」「この色好きだったのよ」などとしばし盛り上がりました。十分彫れる柔らかさでしたよ。
私も少しお裾分けしていただきましたw。

2017-07-10 : ソープ・カービング :

ガラスの器

20170629b01.jpg


蓋付きのガラス容器、ガラスドーム、ソープディッシュ、深さのある額。
雑貨屋に行くとチェックするもの。

それぞれに購入の決め手となる基準があるのですが、まずは価格。
作品を設置して販売することを考えると、1,000円以内に納めたいところ。
かといって、あまりにもチープな雰囲気のものは好まないので、案外、気に入ったものは見つかりません。

写真の蓋付きのガラス容器は、近所の雑貨屋の閉店セールで3つ買った最後のひとつ。
とても気に入っている器なので、大好きな青いバラを入れました。葉は石けん粘土です。


先日、カービングのお友達と、栃木の石川幸子先生のアトリエに伺いました。
幸子さんのハンドメイドキャンドルをカービングして、素敵なレストランや美術館、カフェめぐりに連れていっていただきました。

夕暮れ間近にご案内くださったのはキャンドルミュージアム。雑貨も取り扱っていて、品揃えがすっごく好み!
あまり時間がなかったので○千円しか使わずに済みましたが、じっくり見て回る時間があったら○万円は使っていたと思います。


そこで出会ったのが、下の容器。
奥のは、元々持っていたもの。おそろいのひとまわり小さいものが売られていたのでした。
もうひとつ欲しいと、ずっと思っていたのでとても嬉しい。

「サーカス」という名前なのです。
素敵。


20170629b02.jpg





2017-06-29 : ソープ・カービング :

洗顔フォームデコレーション

20170616b01.jpg


生徒のかよこさんの作品です。

(株)マスターさんのミスティーピンクを重ねたソープケーキを洗顔フォームのクリームでデコレーションしました。
花を含んだ高さは10センチ。
フォームの線は1ミリにも満たない細いものです。


洗顔フォームデコレーションは、卒業生のまさこさんの発案です。
私も挑戦しましたが、美しく飾りつけるのは即席の技術ではかなわず、きちんと学んだことのあるかよこさんに、美しい作品を創ってくださいとお願いしました。うっとりするほど美しいケーキを作ってくれました。

あれも作りたい、こんなこともできるかも、と夢をふくらませている最中です。
いずれ洗顔フォームデコレーションの講座を開きたいねと話しています。

レッスンのときは、私はなにも指導できないので、かよこさんの繊細な作業にみとれながら、口だけ出しています。



2017-06-18 : ソープ・カービング :

デジイチ

20170612fb01.jpg


先週、生徒のまゆみさんがデジタル一眼レフカメラでの撮影講座にいらしてくださいました。
講座と言っても、私も素人なので、私がどんな風に写真を撮っているかをご覧いただくだけなのですが。

carving Room ふわりを主宰されているまゆみさん、その名のとおりふんわりした作品と、その作風にふさわしい明るく優しい写真を撮られます。

スマホで撮影しているそうで、十分お上手だと思うのですが、デジイチを体験してみたいとのこと。
作品をいくつかお持ちいただいて、私のカメラで撮影していただきました。上の写真はその中の1枚です。

普段とは違った、陰影の濃い写真に挑戦です。
良い雰囲気の写真になったと思います。

同じ構図で、まゆみさんはスマホでもとても綺麗に撮影されていました。
スマホ撮影が苦手な私は、そちらのほうがすごいなぁと感心してしまいます。


2017-06-12 : ソープ・カービング :

セラミックペインティング

20170530b01.jpg


花を1輪彫って、気軽に飾れるようなお皿。
花をのせただけで、絵になるようなお皿。

が欲しくて、作りました。


使ったのは無印良品の「おえかきペン・陶磁器用」。


20170530b03.jpg


絵を描いてオーブンで焼き付けます。

ダイソーにもあるらしいのですが、近所では売っていませんでした。
文具メーカーからも出ていて、焼かずに乾かすだけでよいものもあります。


20170530b02.jpg


大きな葉を描いたらムラが気になったので、小さく描き直しました。焼く前ならティッシュなどで拭いて消せます。
焼き付けると、ムラなど気にならない雰囲気だったので、大きく描けばよかったな・・・・と、ちょっと後悔。


20170530b04.jpg


鳥用のお皿も!

一羽でも絵になるでしょう?




2017-05-30 : DIY :
ホーム  次のページ »

プロフィール

モリタミホ

Author:モリタミホ
フルーツ&ソープ・カービング教室ブルーを開いています。

カービング教室ブルー

検索フォーム

QRコード

QR