いつか穴からはい出してみせる!

20180622b01.jpg



大きさは6.5×5.5センチ、厚みは2センチです。
形を保ちたかったので模様は浅く彫りました。

一番難しかったのは葉っぱ。薄くて小さくてすぐに壊れてしまいます。

バラのつぼみが葉っぱの腕を広げて穴からはい出そうとしているみたいに見えて可愛いです。


ベースは(株)マスターさんのブルーとミルキーピンク、赤い花はダラスローズ、ピンクは・・・・
なんだったかな?チェリーピンク?ストロベリーピンク?葉っぱはアボカドです。



2018-06-22 : ソープ・カービング :

コルク栓

20180611fb02.jpg


ワインのコルク栓を様々な色で染めた写真にインスピレーションを得て作りました。

コルク栓の細さではカービングが生えなかったので、ひと回り太くしてあります。
転がってしまうのを防ぐためかまぼこ型にしたらチョコレートのような印象に。


デメルの箱に並べてみました。


20180611fb01.jpg



ラズベリーにビターに、青色は何のフレイバーでしょうか?
「青」は食欲を減退させる色と言われたのはひと昔前、今は青いスイーツも見かけるようになりました。




2018-06-11 : ソープ・カービング :

葉が開きました。

20180401b01.jpg


前回掲載した球根を玄関に飾っておいたところ、ブログをご覧になっていない生徒さんから「玄関のたまねぎ可愛いですね。」とか「玄関に飾ってある野菜はなんですか?」と言われました。

球根のつもりなんですが、たまねぎをモデルにしたのでたまねぎに見えても仕方がありません・笑。


葉をつけてみました。

水仙とかチューリップとかヒヤシンスとか、
球根植物はふたばは出ないのですが、

ふたばって可愛いな、と思いまして。



2018-04-01 : ソープ・カービング :

球根

20180302b01.jpg


この冬はヒアシンスの水栽培を楽しみました。

球根の花を綺麗に咲かせる技はいろいろあって、
根が出るまで冷蔵庫に入れておいたり、芽が出るまで遮光したり。

我が家のヒヤシンスは遮光期間が長すぎたようで、
気が付いたらホワイトアスパラガスのような状態に。

あわてて日光浴をさせて、濃い緑色は取り戻したものの
茎がひょろひょろと背が高くなりすぎてしまいました。

1月の中頃から綺麗な花を咲かせ、
ふくよかな香りで楽しませてくれました。



球根をモチーフに彫りました。
芽のことしか考えていなくて、根をつけることなど全然考えていなくて、
根がなければ芽が生えないことにだいぶ後になって気づいて、
根はどう表現しようかと思いめぐらして、
様々な形の根を彫ってみたのですが、

なんだかどれも変なのでした。




2018-03-02 : ソープ・カービング :

トランプ課題

20180226b01.jpg


デザインコースの課題、オリジナルのトランプ柄の作品。
みどりさんの作品です。

この課題に取り組んだ生徒さんは皆、ばらを多用する私の気を使ってか、ばらのつぼみを取り入れていました。みどりさんも中央にばらを置こうか迷っていましたが、みどりさんの持ち味であるシャープな雰囲気を生かしたほうがよいと思い、ばらは入れないことしにしました。


20180226b02.jpg


紋章のようなクールな作品になりました。
とてもかっこよいです。

みどりさんは「このパーツが好き」というパーツに出会えたかしら?
もし出会えたのなら、これからの作品にどんどん生かしていってほしいと願います。



20180226b03.jpg


2018-02-26 : ソープ・カービング :
ホーム  次のページ »