エンボス

20171004b02.jpg


前回ご覧いただいた作品を木箱に収めようと考えていて、
木箱に敷く台紙にエンボスを施しました。


20171004b01.jpg


アンナグリフィンのテンプレートの枠部分だけ。

中に(株)マスターさんの10カラーズがぴったり収まる大きさです。

これから箱にセッティングします。


2017-10-04 : DIY :

セラミックペインティング

20170530b01.jpg


花を1輪彫って、気軽に飾れるようなお皿。
花をのせただけで、絵になるようなお皿。

が欲しくて、作りました。


使ったのは無印良品の「おえかきペン・陶磁器用」。


20170530b03.jpg


絵を描いてオーブンで焼き付けます。

ダイソーにもあるらしいのですが、近所では売っていませんでした。
文具メーカーからも出ていて、焼かずに乾かすだけでよいものもあります。


20170530b02.jpg


大きな葉を描いたらムラが気になったので、小さく描き直しました。焼く前ならティッシュなどで拭いて消せます。
焼き付けると、ムラなど気にならない雰囲気だったので、大きく描けばよかったな・・・・と、ちょっと後悔。


20170530b04.jpg


鳥用のお皿も!

一羽でも絵になるでしょう?




2017-05-30 : DIY :

石けん粘土のタグ

20170108b01.jpg


石けん粘土で作ったタグがようやく乾いて固くなりました。
ラッピングの飾りに使いました。


20170108b02.jpg



生徒の皆様には、少しばかりですが、教室にて作品を販売します。
この機会にご利用ください。


インスタグラムを始めました。
制作途中の画像などもアップロードしています。
https://www.instagram.com/miho.blue/



2017-01-08 : DIY :

タグ

20161229b01.jpg


石けん粘土でタグを作りました。

「B」のスタンプは消しゴムはんこ作家の生徒さんが作ってくれました。
手書き文字のあたたかさをとても気に入っています。


実用性を付加するために石けん粘土で作ったのですが
なかなか乾燥してくれなくて、
もう一週間経つのに、まだ柔らかいです。

完成品を見たくて、ひとつだけ、そおっとひもを通してみました。

早く固くならないかな。


2016-12-29 : DIY :

フィギュアケース

20161216b02.jpg


前回アップした「板」を塗装しました。
板の継ぎ目があると一枚板よりアンティークな雰囲気が強まりますね。

DIY関連で検索をしていたら「100均のフィギュアケースをアンティーク風にDIY」という記事に遭遇しました。
画像では綺麗ですが、実際にはどうなのかなと興味を抱きまして、もし本当に素敵なケースになるのなら、作品をホコリから守るのに役立ちそうです。

というわけで、作ってみたのが、上の、小さなアレンジメントを納めたケースです。


材料は100均のフィギュアケース。コレクションケースとかコレクションボックスとか、名前は様々です。
ケースの縁取りをした1.5ミリ厚のバルサは東急ハンズで200円ぐらいだったかと。

20161216b03.jpg



ネットで見たのはウッド調にニスを塗ったものでした。
そっくりまねしたところ、作品にあわなくて、白に塗りなおしました。

出来栄えは、ん~~~~~~ちょっとなぁという感じ。
「プラスチックのフィギュアケース」という事実が脳にインプットされているので客観的に見ることができません。

そこで夫に感想を尋ねたところ「バルサの処理が雑なのがお前らしい」と。

そこじゃなくて、ガラスのケースに見えるかどうか聞いたんですけど・・・・。



ペンキはオールドビレッジバターミルクペイントです。

100均にはマットなペンキがなく、ネットでアンティークな風合いに仕上がると評判だったので。


20161216b01.jpg


2016-12-16 : DIY :
ホーム  次のページ »