キャンドルカービング

20151119b01.jpg


内田淑子さんから素敵なクリスマスプレゼントをいただきました。
主宰されているカービング&キャンドルスタジオ スイートローズオリジナル製品の、カービングできるキャンドル『ハッピーキャンドル』です。

ブルーとホワイトが2層になっているキャンドルで、先日石けんに彫ったバラを彫ってみました。

20151119b02.jpg



とても柔らかくて粘り気があり彫りやすいです。発色が美しいうえに香りもよく、気持ちよく彫れました。
白いキャンドルがシュガーコーティングみたいで可愛らしいので、下のほうはそのまま残しました。



20151119b03.jpg


他にもクリスマスカラーや暖色系のキャンドルもたくさんいただきました。
常温でいつでもやわらかいとのこと、ゆっくり楽しみたいと思います。

内田先生、ありがとうございました!





2015-11-19 : キャンドルカービング :

古典柄

20151113b01.jpg


株式会社マスターさんの<シャーベットオーレ>です。

地味な印象でしたが、彫り進むと共に美しい陰影が現れました。シックな仕上がりになります。


バラのまわりを小さな花びらで埋めたらどことなく懐かしい作品になりました。
この、まわりに彫ったような基礎的な模様を「古典柄」と呼ぶ人に最近出会うことが多く、「古典回帰」が密かに流行っているそうです。

「古典柄」と呼ばれる模様の中には、およそ20年前に学んだ私にとっては「新柄」なものも含まれていて、
おまけに私の教室のフルーツカービングのカリキュラムは、その「古典柄」の作品ばかりで、

時折感じていた「私は化石なんじゃないだろうか・・」という不安が決定的になったような。

ただ、そのおよそ20年の間の流行りすたりを見ていると、奇抜なものや複雑なものは消えていって、生き続けているのは昔ながらの普遍的な模様であるように感じます。

シンプルな動きで彫れるというのは、大切なことなんじゃないかと思います。


2015-11-13 : ソープ・カービング :

クリスマスカラー

20151111b03.jpg


株式会社マスターさんの新色<カシス>です。

赤と紫の間に存在する色は、ワインレッドやボルドーなど様々ありますが、赤と緑のコンビネーションと並んで「クリスマス」を思い起こさせるのは、クリスマスローズの色だからでしょうか。


現在は、石けんメーカーさんのご協力で、このような美しい色の石けんが手に入るようになりました。

むかしむかーしは、どうしていたのかというと、

20151111b01.jpg


2003年頃の作品です(12年前!!)。
色のついた石けんなどほとんどなく、白い石けんをDYLONで染めるのが当たり前でした。
ミヨシのバスソープ。ムラなく染まるので、当時はアレンジメント用の花によく使いました。


20151111b02.jpg


2005年頃の作品。MPソープです。
少しずつ同業者が表れて色つきの石けんの情報も入るようになりました。でも、店頭に並んでいるものは固く、バラにはMPソープを使っていました。HPのギャラリーを見ると2008年頃までMPソープに傾倒していたようです。

MPソープは大きさ・色・堅さを好みどおりに作れて、失敗したら溶かして作り直せるので便利ですが、「市販の石けんで作る」という縛りも、私にとってソープカービングの魅力です。

で、冒頭のカシス。

このバラは、花心を彫るときにナイフの圧力が大きくかかるせいか、中央が崩れてしまうこと2回。
3回目でどうにか最後まで彫りきることができました。

この1輪、どんな風に飾ろうか。
それを考えるのが、また楽しい。


2015-11-11 : ソープ・カービング :

コミュニケーションカービング アルバム

Atelier MuguetのTOKOさんがコミュニケーションカービングのWebアルバムを作ってくださいました。→青山まつりコミュニケーションカービング

当日の、お天気が良くて和やかで楽しい雰囲気がよく表れています。

トップの、蝶々がとまっているスイカは、お友達のみちこさんの作品です。
私は、このスイカの横でメロンのデモンストレーションを行ったのですが、この蝶々、30分以上スイカにとまってジュースをすっていました。大人も子供も「本物の蝶々だ!」と興奮して写真を撮って、この日一番の注文作品になったねぇと、みちこさんと笑いました。

私のラディッシュは、いつもと作風が違うとのご感想をいただき、私としては守備範囲内なので意外です。
例えば↓これと同じ路線。

20151106b01.jpg


カービングじゃないですけど。


今回は、前夜にお友達と集まって彫りましたが、手が遅い上に集中力がないもので、仕上がらないときのために、前日にかぼちゃを彫っておきました。

20151104b02.jpg


かぼちゃ、つくづく固いです。筋肉痛になりました。

でもラディッシュの家が彫りあがったので、迷わず出展しましたよ。
楽しんでいただけて、よかったです。

2015-11-06 : フルーツ・カービング :

コミュニケーションカービング

20151104b01.jpg


11月1日 日曜日 快晴。
今年も青山まつり コミュニケーションカービングに参加しました。

このイベントは、作品に触ってもOK。
親子連れも多いので、今年は「お子様ウケ狙い」の作品を出品しました。
でも、「カワイイ!」と足をとめてくれるのは大人のほうが多かったです。


前日の夜に、お友達と集まって彫りました。
かずえさんがとっても可憐な花を彫っていたので、2個発注して彫っていただきました(笑)。穴の縁に飾ってある花です。
途中でピチェット先生がいらしたので、ラディッシュの顔を発注しました。向かって右のラディッシュです。

上の、小さいラディッシュを「ドラゴンクエストのスライムみたいでしょ」と自慢したら、かよこさんしか反応してくれなくて、TVゲームと無縁なかたがたに「それなに?」としらけた顔を向けられました・・・。

わやわやとおしゃべりしながら彫るのはとても楽しいです。


今回で3回目となるコミュニケーションカービングです。

1回目は、お昼近くにはほとんどのかたが帰ってしまって、私もひとりが寂しくて早くに立ち去った記憶があります。
2回目は、お友達もだいぶ増え、みんなでお昼を食べて、3時頃までいました。
今回は、ほとんどの参加者が最後まで残っていて、おしゃべりを楽しんでいました。

私のまわりは最近、誰がどこの生徒なんて関係なく、みーんな「カービング仲間」です。

とってもとっても嬉しいです。




2015-11-04 : フルーツ・カービング :
ホーム

プロフィール

モリタミホ

Author:モリタミホ
フルーツ&ソープ・カービング教室ブルーを開いています。

カービング教室ブルー

検索フォーム

QRコード

QR