来年も

20151224b01.jpg


おかげさまでPinterestでは、海外のかたが私の作品画像をたくさんpinしてくださっています。
写真は人気がある作品のひとつで、ランダムに彫った花弁を、自分でも気に入っている作品です。

先日、海外のかたがこの画像に「こんな石けんをソープディッシュにのせてバスルームに飾りたい」というキャプションをつけてpinしてくださっているのを見つけました。とても嬉しく感じるとともに、自分もそういう気持ちでカービングを始めたことを思い出しました。

今年は「作品を飾る」ことを提案してきました。
なんのことはない、ソープディッシュにのせて置いておくだけでよいのです。
ただ、プレゼントすると、箱に入れたまま引き出しの中にしまいこまれてしまうことがあるのも事実。

来年も、そのまま部屋に飾って楽しんでもらえるようなディスプレイ方法を研究していきたいです。


2015-12-24 : ソープ・カービング :

シャーベットブルー

20151210b01.jpg



(株)マスターさんのシャーベットブルーを見たとき、なぜか、キルティングのモチーフを彫りたいと思ったのでした。
6分割にしてキルティングの模様を入れて、西欧の王様のかんむりみたいな、様式美を感じる作品を作ろうと思いました。

バラのつぼみを6輪並べたところまでは構想通りだったのですが、キルティング模様を彫っている最中に、そこはかとなく「和」のにおいが漂ってきました。

なんだか違う。

できあがると、洋のような和のような。
王様のかんむりはどこへ行った?


こんなことはしょっちゅうあって、作品は彫ってみないとわからないものです。
それもまた、おもしろいものです。


20151210b02.jpg



「錦松梅」の陶器入りの佃煮を思い浮かべるなぁ・・・・。





2015-12-10 : ソープ・カービング :

写真立ての背中

2015120301b.jpg


「写真立て」の背中、すなわち「フォトフレーム」のスタンドの部分です。

ソープカービングのディスプレイケースを作るときに、前面のフレームを使用した残り。
たくさんケースを作ったので、スタンドもたくさん残りました。


2015120302b.jpg


綺麗な紙を貼ったスチレンボードを取り付ければ、ディスプレイスタンドになります。

今回はシンプルに仕立てましたが、作品に合わせてボードの大きさや厚みを変えられるますね。
上のボードを作りながらも、2つのスタンドを横に並べて、横に長い大作も作れるんじゃないかな、などと様々な構想がわきました。


カシスソープは乾燥が早いようで、花弁が欠けて花の形が崩れてしまいました。
どの角度で貼りつけたら美しいかくるくる回してみましたが、どの角度でもひんまがって見えます。

彫り直そう→カシスソープの在庫が家にない→他の色で彫ろう→ボードの色に合わない→このままでいいや。

という考察段階を踏んでます(笑)。


2015-12-03 : ソープ・カービング :
ホーム

プロフィール

モリタミホ

Author:モリタミホ
フルーツ&ソープ・カービング教室ブルーを開いています。

カービング教室ブルー

検索フォーム

QRコード

QR