ぴよソープ

20160128b02.jpg


昨年、ゆうこさんから手ほどきをうけて作った「ぴよソープ」。



20160128b01.jpg


使っています。

手を洗うたび、好きなイランイランが香って穏やかな気持ちになります。

「ぴよ」は、ツボ押し効果もあり(笑)。

石けん粘土でつけた目とくちばしは、取れてしまうと思いきや、しっかりくっついていて
だんだんと溶けていってなくなりました。

2016-01-28 : ソープ・カービング :

ブーケの続き

20160120b01.jpg


この小さいフォト・フレームを手に取ったのは、(株)マスターさんの10カラーズソープをはめ込むことができるのではないかと思ったからです。

フレームの中に石けんがぴったりはめ込まれていたら素敵なんじゃないかと妄想したのです。しかし、10カラーズソープとフレームの色が合わず断念しました。

前回書いたようにガラスが取り外せないので、ガラスの上にシート状に切り出したソープを敷き、その上にカービングしたソープを接着しました。シートの合わせ目を隠すのと、装飾的にするために、丸く抜いた白いソープを並べました。

丸いパーツはストローで抜いています。
拙著でも紹介していますが、紙パック飲料についているストローの「突き刺す部分」が固くてお勧めです。

ストローの太さは数種類あるんですよ。
写真の作品でも太さの違う4種類のストローを使っています。一番細いのはヤクルトのストローです(笑)。
私はストロー欲しさに紙パック飲料を買うこともあります。


2016-01-20 : ソープ・カービング :

ブーケ

20160114b01.jpg


昨年、駅前の雑貨屋さんの閉店セールで買ったフォト・フレーム。
写真の面はおおよそ5×7.5㎝と、とても小さいフレームです。

フォト・フレームにもいろいろあることを学びました。

というのは、裏のスタンド部分がなかなか取り外せなくて、力任せにひっぱったらメリメリと嫌な音が・・・。
1辺が固定されていて扉が開くような構造になっているのを知らず、全部はがそうとしたのでした。

次に、ガラスを外そうとしたら、これまたびくともしません。
ガラスは額に固定されていて、仕方なくソープはガラスの上に接着しました。

・・・つまり、凝った造りのフレームなんですね。
普段安物ばかり使っているもので、危うく壊すところでした。

ソープは(株)マスターさんのミルキーソープ。
数あるピンクのソープの中でも、青みがかったピンクが気に入ってます。

豪華なフレームに負けないよう、装飾的な作品に仕上げました。


2016-01-14 : ソープ・カービング :

あけましておめでとうございます。

20160106b01.jpg


HPのギャラリーでは、発表年に分けて作品を掲載しているので、年が明けると新しい年のページを追加しなくてはなりません。ページの頭にそれぞれの年にリンクするボタンをつけるため、おのずと過去の作品を見直す機会が生まれます。

好き勝手なものばかり彫っているな、といつも思います。
どんなモチーフが流行しようとも、どんな素材が流行しようとも影響を受けず、四季折々のイベントにも無関心で。
商売には向いていないのだと自覚しています。

ただ、ものつくりという視点では、
他者と違うということはとても大切だと思うし、

他者から影響を受けてつくるよりも、他者に影響を与えるような作品をつくりたいと、心から思うのです。

誰も見たことのない美しいものを
誰もが美しいと思うものを
誰が見ても私がつくったとわかるものを

目標にしてつくっていきます。

今年もよろしくお願いいたします。


2016-01-06 : ソープ・カービング :
ホーム