ホテルの石けん

20160224b01.jpg


直径5センチほどの小さな白い石けんは、ホテルのバスルームの備品です。
マーガレットを彫りました。

蓋つき容器にしたので、手に触れても壊れないようシンプルなデザインにしました。


20160224b02.jpg


中にはテントウムシ。

「簡単だけれど面倒くさい」のは私の作品の特徴で、これも薄さ1ミリの葉っぱに葉脈を彫るのに一番時間がかかりました。


2016-02-24 : ソープ・カービング :

真紅

20160218b01.jpg



バラのつぼみは仙台のお教室カービングTKさんのオリジナル石けんで彫りました。真紅の石けんです。
なんと!昨年のお正月に菊地先生からいただいたものですが、真空パックしておいたらまだ十分やわらかく彫れました。
菊地先生、ありがとうございました。

ハートを彫った株式会社マスターさんのミルキーピンクととても相性がよいです。
白や青い石けんとも合うのですが、強い色なのでポイントとして少しずつ使っています。


下の写真のバラもこの真紅。白に映えます。

20160218b02.jpg


おそらく多くのソープカーヴァーさんは同じではないかと思うのですが、
私の石けん倉庫には、廃盤になった石けん、期間限定販売の石けんなどの色とりどりの「かけら」が真空パックでストックされています。

特に、バラのつぼみのためのピンク系と、葉っぱ用の緑系は、ほんの小さなかけらでも利用できるので捨てられません。

最近は物忘れが多く、ストックしていたことを忘れていて、倉庫をあさっては、ああ、こんな色があったんだ!といちいち感動できるのが楽しい(?)です。

その後、どこのメーカーのなんという石けんだったか思い出すのにひと苦労なんですが。



2016-02-18 : ソープ・カービング :

箱買い

20160212b01.jpg



前にご覧いただいた「ゴージャスな額」の作品を作った石けんの残りをハート型に抜きました。
週末はバレンタインデーですね。

バレンタインデーのチョコレートは今、本命チョコよりも友チョコよりも自分へのチョコレートへの投資が一番大きいそうです。

私もお菓子の中ではチョコレートが一番好きなので「バレンタインデー限定」と謳われると心惹かれますが、ひと箱100円のチョコレートでも十分幸せになれるので、衝動買いはしないようにしています。


が、時に、どうしても欲しくなってしまうのが「チョコレートの箱」です。

4粒入って1500円もするチョコレートは贅沢だ。
でも、あの美しい箱は今しか手に入らない。

ふたつの声が頭の中でぐるぐる。


そうして集まったドゥバイヨルのチョコレートの箱です。

20160212b02.jpg


綺麗でしょう。

中敷きの紙やカードも美しくて、小さな箱に、デザイナーの想いがぎっしり詰まっているように感じます。
こんな風に細部まで気持ちをこめられたら、もの創りは幸せだろうな。


で、
付録欲しさに商品を1ケース買うことを「箱買い」と言いますが、こっちのほうが正統な「箱買い」じゃないかと思うのね。



2016-02-12 : ソープ・カービング :
ホーム

プロフィール

モリタミホ

Author:モリタミホ
フルーツ&ソープ・カービング教室ブルーを開いています。

カービング教室ブルー

検索フォーム

QRコード

QR