蔓草模様

20150427b01.jpg


前回ご紹介したディスプレイボックスに納めたソープカービングを彫り直しました。

ネットサーフィンしながら気になる画像を集めていると、自分の嗜好がわかってきます。
いつのまにかフォルダには蔓草模様がたまっていました。

今までも、花のまわりに曲線の飾りを彫っていましたが、全面を蔓草で埋めてみることにしました。

この作品をご覧になった生徒さんは「苦手なんですよ」と口をそろえますが、生まれつき得意な人などいません。
紙にペンで描いてバランスを研究しましたし、蔓草の先端を巻き込むときの右手と左手の動かし方も練習しました。それでも、こんな風に、気に入らなくて彫り直しているのです。

最初は線が弱々しすぎて、次は巻き込みを多くしすぎて、やっと蔓草が上手にできたと思ったらばらのつぼみとのバランスが悪くて。

そういうとき、部屋の中をうろうろ歩きながら、自分が表現したいのは何なのか探します。このピンクのつぼみの作品は、素朴な雰囲気に仕上げたいのだと考え、蔓草をシンプルにしました。

青い石けんはマスターさんのナチュラルソープを合わせ目から半分に切ったもの。面が平らな方が蔓草模様が引き立つと思ったので。

そうそう。
虫ピンに瞬間接着剤でパールを貼り付けたデコピンですが、何度も抜き差ししているのにパールが取れたりすることもなく優秀です。

2015-04-27 : ソープ・カービング :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

モリタミホ

Author:モリタミホ
フルーツ&ソープ・カービング教室ブルーを開いています。

カービング教室ブルー

検索フォーム

QRコード

QR