デジイチ

20170612fb01.jpg


先週、生徒のまゆみさんがデジタル一眼レフカメラでの撮影講座にいらしてくださいました。
講座と言っても、私も素人なので、私がどんな風に写真を撮っているかをご覧いただくだけなのですが。

carving Room ふわりを主宰されているまゆみさん、その名のとおりふんわりした作品と、その作風にふさわしい明るく優しい写真を撮られます。

スマホで撮影しているそうで、十分お上手だと思うのですが、デジイチを体験してみたいとのこと。
作品をいくつかお持ちいただいて、私のカメラで撮影していただきました。上の写真はその中の1枚です。

普段とは違った、陰影の濃い写真に挑戦です。
良い雰囲気の写真になったと思います。

同じ構図で、まゆみさんはスマホでもとても綺麗に撮影されていました。
スマホ撮影が苦手な私は、そちらのほうがすごいなぁと感心してしまいます。


2017-06-12 : ソープ・カービング :

アクアブルー

20170522b01.jpg


(株)マスターさんの新色アクアブルーです。パールがとても綺麗です。

最近のレリーフ彫りにおける私の課題は、初心に戻って「美しい石けん」。
石けんそのものが好きなので、その石けんをより美しく見せたいと思います。

カリキュラムのためではなく、
新しいデザインのためではなく、
カービングのためのカービングではなく、

ただ「綺麗な石けんだな」と思ってもらえるような。

写真ではわかりませんが、手前の作品はバラが飛び出していて、奥の作品はバラが沈んでいます。
どちらが可愛いかなと、両方彫ってみました。



どちらも可愛いです。


20170522b02.jpg



2017-05-22 : ソープ・カービング :

ボックスアレンジメント-love-#2

ご無沙汰です。

5月1日に大阪にて開催しました日本タイカービング協会主催第8回タイカービングコンテストでは、カービング教室ブルー生徒の小林加代子さんがフルーツカービング部門ゴールドアワードを、宮村真里奈さんがソープカービング部門4位審査員特別賞を受賞しました。

おめでとうございます。

審査集計責任者を務めました私は、休憩時間が10分しかなく、写真を撮れませんでした。
おふたりの作品の写真は日本タイカービング協会HPにてご覧いただけます。



前の記事で取り上げたボックスアレンジメントができあがりました。
ボツパーツの赤いハートを活かせるアレンジメントを目指したら、とてもカラフルな作品になりました。
全景はHPのギャラリーに掲載しています。


20170512b01.jpg



小さな花がぎっしり詰まっていて、ものすごく時間がかかりましたが、箱は100円です・笑。


2017-05-12 : ソープ・カービング :

ボックスアレンジメント

20170421b01.jpg


新たにボックスアレンジメントに取りかかったのですが、5月1日に大阪で開催する日本タイカービング協会のタイカービングコンテストの準備がピークを迎え、途中で止まっています。

資料作成と印刷を担当します。前々から準備は進めているものの、選手の人数が確定してからではないと完了できないものがほとんどで、募集を締め切った2週間前からが忙しくなります。

コンテスト終了後の業務も多く、GWにはオンラインゲームのイベントも盛りだくさんだと思うのだけれど、しばらくおあずけです。


早くじっくりゲームしたいなぁ・・そのためにもコンテストを滞りなく進められるようにしなければ。


作品作り再開はその後です。


今日もこれから300枚印刷です。
がんばります。




2017-04-21 : ソープ・カービング :

カケラもタカラ

20170410b02.jpg


以前お披露目したボックスアレンジメントの、ボツになったパーツです。

ハートの形や厚みや模様を調整しながら5回ぐらい彫り直し、それでもしっくりこなくて、一度、頭の中をまっさらにして考え、求めているのは「赤いハート」じゃないことに気づきました。完成作はピンクの石けんで彫っています。

期間限定色の赤い石けんをたくさん無駄にしたことが悲しくて、捨ててしまって、忘れて、なかったことにしようかと思ったのですが、これはこれで時間と手をかけているので捨てるのも惜しく、新たにこの赤いハートから作品を構築することにしました。

こんな風に、引き出しを開けると、ボツにしたけれどあきらめきれない作品を結構しまいこんでいたりして、いつか形にできるといいのだけれど。


捨てられないものと言えば、
彫るパーツが小さいので、石けんを使いきれないことが多くあります。
期間限定色は残った石けんを捨てがたく、特に緑色は貴重なので小さなカケラまで取っておいてしまいます。


20170410b01.jpg


こんな小さなものまで・・?と思われるかもしれませんが、彫るものが小さいので、これでも十分役に立ちます。

左下の石けんの穴はストローで開けたもの。葉っぱとして使いました。
残ったところから同じ葉っぱが8個作れる・・・と思うと捨てられません。

真空パックされた色とりどりのカケラは、私にとっては宝物です。


2017-04-10 : ソープ・カービング :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

モリタミホ

Author:モリタミホ
フルーツ&ソープ・カービング教室ブルーを開いています。

カービング教室ブルー

検索フォーム

QRコード

QR