球根

20180302b01.jpg


この冬はヒアシンスの水栽培を楽しみました。

球根の花を綺麗に咲かせる技はいろいろあって、
根が出るまで冷蔵庫に入れておいたり、芽が出るまで遮光したり。

我が家のヒヤシンスは遮光期間が長すぎたようで、
気が付いたらホワイトアスパラガスのような状態に。

あわてて日光浴をさせて、濃い緑色は取り戻したものの
茎がひょろひょろと背が高くなりすぎてしまいました。

1月の中頃から綺麗な花を咲かせ、
ふくよかな香りで楽しませてくれました。



球根をモチーフに彫りました。
芽のことしか考えていなくて、根をつけることなど全然考えていなくて、
根がなければ芽が生えないことにだいぶ後になって気づいて、
根はどう表現しようかと思いめぐらして、
様々な形の根を彫ってみたのですが、

なんだかどれも変なのでした。




2018-03-02 : ソープ・カービング :

トランプ課題

20180226b01.jpg


デザインコースの課題、オリジナルのトランプ柄の作品。
みどりさんの作品です。

この課題に取り組んだ生徒さんは皆、ばらを多用する私の気を使ってか、ばらのつぼみを取り入れていました。みどりさんも中央にばらを置こうか迷っていましたが、みどりさんの持ち味であるシャープな雰囲気を生かしたほうがよいと思い、ばらは入れないことしにしました。


20180226b02.jpg


紋章のようなクールな作品になりました。
とてもかっこよいです。

みどりさんは「このパーツが好き」というパーツに出会えたかしら?
もし出会えたのなら、これからの作品にどんどん生かしていってほしいと願います。



20180226b03.jpg


2018-02-26 : ソープ・カービング :

リーフソープ

20180201b01.jpg


確定申告のための棚卸表を作るついでに仕事関係のクローゼットを整理するのが、いつのまにか年末の恒例行事になっています。

作りっぱなしで放置していた作品は手元に置くものと販売するものに分けます。販売するものは100均のディスプレイボックスにペンキを塗って収め、そのまま飾っていただけるようにしています。

ペンキを塗るために蓋と本体を分解するのですが、年末は手が痛くて作業が進まず一時中断。昨日、ボックスを買い足して作業再開したのですが、風邪をひいたらしく、疲れてしまって2個しか作れませんでした・・・。昨年は本用に彫った作品もたくさんあって、しばらくペンキ塗りの日々になりそうです。


写真の葉の作品は、昨年作ったものの中でとても気に入っているもの。
セリアのナチュラルな木箱に収めることにしました。箱が大きいのでアサイー石けんで彫り足して2色組にしました。

シックで素敵・・・としばし自画自賛に浸った後、4個もあってどーするよ?価格設定どーなるよ?と現実に戻り、小さい箱に2個ずつラッピングすることにしました。


試作で作ったものがもう1個あるのですが、それは自分用。
葉のモチーフは好きで、お皿やらクッションカバーやらたくさん持っています。
この作品も、自宅のバスルームに置きたい石けんというコンセプトで作りました。




2018-02-01 : ソープ・カービング :

のどもとすぎれば・・・

20180101b01.jpg




無事に本が出版された後、オンラインゲームの遅れを取り戻そうと毎日7時間ぐらいプレイしていたら腱鞘炎になりました。

かかりつけの整形外科の先生によるとギプスで固定するのが最適かつ最速の治療法とのことですが、正月に家事ができないのは困るので湿布だけ出してもらいました。

カービングでは痛まないのですが、パソコンのキーボードとカメラのシャッターで痛みがあり、ブログを休んでいます。

少しずつ良くなってきて、
「そろそろブログを書けるかなぁ」

ではなく「もうゲームに復帰してもよさそうだなぁ」と思う自分が・・・・・・。


なるべく右手を使わないようにしていたら腕立て伏せができなくなっていました。
ダンベルで鍛えなおしています。


年賀状に使った写真です。
作品のベースの石けんはペリカン石鹸さんのアサイーと宇治抹茶。
お花はマスターさんのダラスローズ、ボタン、カシスです。


2018-01-25 : 日々のこと :

クリスマスキャンドル

20171215b01.jpg



キャンドル作家のかよさんにクリスマスカラーのキャンドルを作っていただきました。

「赤と緑」といっても、思い描く色は人それぞれです。
ワインレッドのような赤とフォレストグリーンのような緑をお願いしたのですが、それでも抽象的で、迷ったとのこと。
希望どおりの色です、と伝えるとほっとしたご様子でした。


キャンドルの良いところはずっと柔らかいこと。
あまり時間がないときでも少しずつ彫ったり、しばらくたってから模様を彫り足したりできます。


火をともしてみたいのですが、もったいなくてなかなか勇気がでません。


2017-12-15 : キャンドルカービング :
« 前のページ  ホーム  次のページ »